ARMS

ARMS CATCH THE GLORY 対戦ルール

ARMS CATCH THE GLORY 大会ルール

 

基本ルール

・大会モードに設定後、LANプレイの闘技場モードにて1vs1の試合を行う

・2ラウンド1セット 2セット先取

・ダブルエリミネーショントーナメント

・Winners Final、Losers Final、Grand Finalのみ3セット先取

 

コントローラー

・コントローラーはJoy-Con”いいね持ち”、Joy-Conグリップ、Nintendo Switchプロコントローラーのみ使用可能。

・コントローラーは各プレイヤーが持参したものを使用して下さい。

・Proコントローラーの有線接続は対戦中の接続切れによる通信エラーが発生する可能性があるため非推奨です。

・対戦前に対戦で使用するSwitch本体設定のコントローラーの項目「Proコントローラーの有線接続」をオフに設定されていることを確認することが可能です。

 

ファイター

ファイターは全てのファイターから選択可能

 

アーム

・アームは全てのアームから選択可能

 

ステージ

使用可能ステージ
●スプリングスタジアム ●リボンリング ●ニンジャカレッジ
●マミーホスピタル ●ラーメンボウル ●スクラップヤード
●DNAラボ ●スカイアリーナ ●キャンディストリート
●ビョ・ビヨンポス ●スパーリングリング

使用不可ステージ
以下のステージは初期除外ステージ選択前に除外して下さい。
●ツインシネマ ●バスタービーチ ●スネークパーク ●コンフィデンシャル

選択方法については以下の試合の流れをご確認下さい。

試合の流れ

①ジャンケンを行い、勝者が先攻・後攻を選択する。

②先攻から交互に使用可能ステージから1つずつ初期除外(=BAN)ステージとして選択する。

③初期場外ステージの選択数は先攻3ステージ、後攻2ステージとする。

④初期除外ステージの選択が終了した時点で残っているステージを初期選択ステージ(6ステージ)とする。

⑤後攻が初期選択ステージからステージを選択し、1セット目を行う。

⑥セット終了後、勝者が初期選択ステージから2ステージを除外する。

⑦敗者が残りの4ステージから対戦するステージを選択し、試合を開始する。

⑧決着がつくまで⑥→⑦を繰り返す。

ポート選択について

1P、2Pのポート選択については指定はありません。

各プレイヤーで選択希望があれば対戦者同士協議の上で決定をして下さい。

また、配信席等では運営側から指定される場合があります。

 

通信不良などによるエラー発生について

対戦中にエラー発生の画面が表示された場合は、その時点で取得していたラウンド数は持ち越し、試合を再開して下さい。

例)A vs B 2セット目、ラウンド1はAが勝利。ラウンド2の試合途中でエラー発生。

→セットカウント1−0は変わらず2セット目の扱いで再度同じファイター、アーム、ステージを再現し、ラウンド1をAがBに一発のみパンチを当て、時間切れでラウンドを1つ取得した状態からラウンド2を再開とします。

 

選手の呼び出しについて

会場内で運営が選手の呼び出しを行いますが、呼び出しから15分以上経過しても連絡や対戦台への着席が認められない場合など、進行に支障が出ると判断した際は棄権扱いとなることがあります。

やむを得ない事情など、会場を離れる場合は事前に運営スタッフへ相談をお願いします。