げんげんの「このゲームおもしろい!」

ゲーム実況してます(◍•ᴗ•◍) Twitter→@gengenpso

「OPENREC Creators Program」とは!?任天堂がOPEN RECと契約締結!

f:id:gengenpso:20170611123355p:plain

こんにちは!ゲーム実況者のげんげんです!

 

 

 

6月7日にOPEN REC.tvを運営するcyberZ社から「OPENREC Creators Program」のサイトがオープンし、プログラムの参加受付が開始されましたね。僕も配信権限をもっているので参加申請を出しました。

 

さて、この「OPEN REC Creators Program」とは一体なんだ?と思った方もいらっしゃると思います。そこで今回は、「OPEN REC Creators Program」がどういうものなのか、参加をすると何ができるのかなど、個人で調べてみて分かったことをまとめてみました!

1.「OPEN REC Creators Program」とは

2.このプログラムに参加する必要性、参加する条件

3.ニコニコ生放送との差別化

4.この夏、スプラトゥーン2×OPEN RECの波がくる!?

 

 

1.「OPEN REC Creators Program」とは

そもそも「OPEN REC(オープンレック)」ってなによ!?という方のために簡単に説明します。「OPEN REC」とはゲームの生放送や動画投稿ができるサイトです。動画投稿、配信でいうとニコニコ動画が歴史のあるサイトとして浮かぶと思います。「OPEN REC」はゲーム実況の動画配信サービスとしては2015年に始まったばかりの新しいサービスですね。配信を行う際に高画質だ!ということで一躍人気になりました。この記事に飛んできてくださった方々は「もうそんなの知ってるよ!」という方が多数だと思うので、早速本題に入りたいと思います。

さて、冒頭にもご説明しましたが、6月7日に「OPEN REC Creators Program」のサイトがオープンしました。任天堂の公式Twitterで知った方も多いのではないでしょうか。

OPENREC Creators Program | OPENREC.tv (オープンレック) | ゲーム実況&プレイ動画

 

 さて、「OPEN REC Creators Program」のページを見るとこう書いてあります。

OPENREC Creators Programに参加することで、
OPENREC.tvでのライブ配信、動画投稿を収益化することができるようになります。
OPENREC.tvで発生する広告収益やエール収益が、OPENREC Creators Programに参加している配信者に分配されます。

 

 

「このプログラムに参加したら生放送と動画投稿で収入を得ることができるよ! 」

簡潔に言うとこう書いてあります。そして、任天堂タイトルの動画配信についてのリンクを見ると、こう書いてあります。

 

任天堂株式会社の許諾を得たことにより、OPENREC Creators Programに参加することで、任天堂の著作物を利用したライブ配信や動画投稿が可能になります。また、下記リストに記載のタイトルはOPENREC Creators Programの下で収益化も可能です。

OPENREC Creators Program | OPENREC.tv (オープンレック) | ゲーム実況&プレイ動画

つまり、「OPEN REC Creators Program」と任天堂の著作物を利用した配信、動画であれば収益化(=お金を稼げる!)することができる制度ということです。

この後にもご説明しますが、今までニコニコ生放送では任天堂の著作物を利用した配信では直接的な収益をあげることができませんでした。つまり、日本では任天堂の著作物を利用した配信ではじめて収益をあげられる仕組みということになります。これはすごいことです。

生配信には動画にはないタイムリーな空気感があり、コメントに対しても配信者からのレスポンスが早く、引き込まれる人も多いのではないでしょうか。

 配信者にとっても、結果を出すことができれば今後の活動にも影響が出てきます。

 

 

 

 

 

2.このプログラムに参加する必要性

 「別にお金が稼げなくても配信できればいいや」

こうお考えの方はちょっと待ってほしい。先ほどの引用文をよーく見てみると、、、

 

「OPENREC Creators Programに参加することで

 

と書いてあります。つまり、、、

 

参加していないユーザーはOPEN RECでは任天堂の著作物を配信、動画投稿できません!!!!

 

という解釈になります。

OPEN RECの公式サイトでも説明がされています。

OPENREC.tvで任天堂の著作物を利用した動画配信を行うには、クリエイターズプログラムへの参加が必須となります。

任天堂タイトルの動画配信について – OPENRECから引用

これは配信者は参加しなければ大問題です。放送ができなくなってしまいます。

そして、重要なことがもう一点。プログラムの参加条件の中にこんな記載があります。

・OPENREC.tvのプレミアム会員である

OPENREC Creators Program | OPENREC.tv (オープンレック) | ゲーム実況&プレイ動画より引用

プレミアム会員とは月額540円(税込み)を支払うことで、一般会員に提供されている通常のサービスの他に過去のライブ映像を見期限で視聴できるなどのサービスが付加された会員のこと。

正直、個人的にプレミアム会員になろうか悩んでいましたが、今回の発表を受けて決断をしました。動画配信サービスや著作物を利用して収益をあげるためには、相応の対価を支払うべきであるということを意識づけると同時に、自分自身が収益をあげるためには、「ゲーム実況者」としてプロ意識をもって活動をすることが求められているということを体現しているからです。

個人の努力次第では、職業として成り立たせることができる。ゲーム業界、動画配信業界としても今の時代に合わせた利益を生む方法のひとつとして発案されたと思いますが、ゲーマーに対しての救いの一手でもあると感じています。

このプログラムによって、専門性を持った優秀なゲーマー、配信者が増えることで業界全体にプラスの影響が出れば、一人のゲーマーとして嬉しい限りです。

そういった部分でも、月額を支払ってプログラムに参加することには意味があるのではないかと考えています。

 

 

 

 

 

3.ニコニコ生放送との差別化

さて、ニコニコ生放送はどうなの?稼げないの?と思った方もいると思います。ニコニコ生放送については、他の方も多数記事を書いていらっしゃいますが、結論を書くと純粋に生放送をするだけではお金はもらえません!

まず、ニコニコ動画でお金をもらうための仕組みとして「クリエイター奨励プログラム」という制度があります。

 

クリエイター奨励プログラムとは

niconicoの投稿作品に対し、プレミアム会員収入の一部を原資として奨励金(クリエイター奨励スコア)を支払う制度です。
クリエイターの創作活動とコラボレーションの、発展・推進を図ることを目的としています。

クリエイター奨励プログラムに作品を登録すると、その作品の人気度などに応じて月単位でクリエイター奨励スコアが付与されます。

また、作品を一緒に作ったコラボレーターを登録することで、クリエイター奨励スコアを分配することができます。

貯まったクリエイター奨励スコアは、一定数以上でニコニコポイントや現金に換えることができます。

クリエイター奨励プログラムとは | ニコニコヘルプより引用

ちなみに文中の一定数というのは、ニコニコポイントは10点から、現金は10000点からですので、それだけの収益を上げる動画を作成する技術や努力が必要になってきます。(2015年4月のドワンゴのニュースリリースによると、1再生あたり0.29円(0.29ポイント)の支払額となっている。)

 

 また、クリエイター奨励プログラムはどんな動画でも良いわけではなく、「対象の著作物を利用した作品に」となっています。

詳細はこちら→クリエイター奨励プログラムに対応している著作物一覧 | ニコニコヘルプ

今までの話をかみ砕いてみると、「 マリオカート8を生放送でプレイしたから、その放送をクリエイター奨励プログラムに登録したらクリエイター奨励スコアがもらえるんじゃないの?」ということになりますが、実は違います。

いつもニコニコ生放送をご利用いただき、ありがとうございます。
ニコニコ生放送が、コンテンツツリーとクリエイター奨励プログラムに対応しました!


番組のコンテンツツリーを作ることで、ニコニコ動画やニコニコ静画と繋がり
新たなコラボレーションやメディアミックスが期待できます。

コンテンツツリーの登録は、番組説明文の上部にある、
「コンテンツツリーを見る」ボタンを押してください。

コンテンツツリーについて詳しくはこちらをご覧ください。


クリエイター奨励プログラムに自分の作品(番組)を登録すると
派生作品からの「子ども手当」を受け取ることができるようになります。
(※作品登録、子ども手当を受け取るにはプレミアム会員である必要があります。)

 

ニコニコ生放送がクリエイター奨励プログラムに対応‐ニコニコインフォより引用

 

 引用をまとめると、「生放送のコンテンツツリーを作ってクリエイター奨励プログラムに登録したら、そこから派生した作品から子ども手当をもらえるよ!」ということ。

つまり、「生放送をして人やコメントがいっぱいだからポイントがもらえる!」ではなく、生放送をもとに誰かが動画を作ったとか、アーカイブのようにして動画にするなど、ひと手間が加わることによって収益が発生するようです。

 

以上の点からも、純粋に生配信で収益化できるのは、OPEN RECが初ということで、ニコニコ生放送との差別化をはかっていると言えそうです。

 

 

 

 

 

4.この夏、スプラトゥーン2×OPEN RECの波がくる!?

さて、今までご説明した内容からどういったことが起きるかというと、現在ニコニコ生放送でsplatoonなどを配信しているユーザーが大量にOPEN RECへ流れるということです。「ARMS」や「slatoon2」などNintendo Switchの注目タイトルも発売が控えており、「OPEN REC Creators Program」の開始時期を合わせてきた形になりました。今までニコニコ動画だけで動画、生配信を視聴していたユーザーさんは、OPEN RECに登録してみてはいかがでしょうか。なぜなら、有料会員登録をしてまで配信をする意欲を持った、素晴らしい配信者が増加する可能性を秘めているからです。今後の動向に目が離せませんね。

 

※この記事は平成29年6月8日時点の内容です。