インタビュー

【皇帝・Pega編】ARMSプレイヤーに訊く【Vol.1】

こんにちは、げんげんです。

以前、告知させていただきましたARMSのプレイヤーの方々にインタビューさせていただく企画、題して「ARMSプレイヤーに訊く」の記念すべき初回です。

今回は、皇帝ことPega選手にお話を訊かせていただきました!ARMSをはじめたきっかけは?なぜ使用キャラはマックスブラス?そんな率直な疑問をPega選手にぶつけてみました!

※取材時期 平成29年12月下旬頃

げんげん(以下、げ):今回はよろしくお願いします。まずは、JGP優勝おめでとうございました。

Pega(以下、P):ありがとうございます。

げ:流石、皇帝Pegaでした。ARMS天下一武道会も3連覇ですね。(第4回、第5回、シーズン1ファイナル)ちなみにARMSはいつ頃購入されましたか?

P:うーんと、買ったのは確か7月中旬くらいですね。第二回天下一武道会には出場しているので、その時は知り合いのARMSを借りて参加していました。

げ:そもそもARMSをやろうと思ったきっかけはなんてしたか?

P:実はARMSのPVとかは全く見ていませんでした。スプリングマンとかを見たときにびよよ~んと伸びる腕が面白いなと思いプレイしてみようと思いました。

げんげん:ARMSをやり込もうと思ったきっかけはなんでしたか?

P:「ARMS JAPAN GRAND PRIX 2017」の発表があったのがきっかけですね。その時に優勝することを目標にやりこもうと決めました。

げ:任天堂さんが公式に開催するということも大きかったですよね。

P:そうですね。

げ:ところで、Pegaさんに率直な質問なのですが、、、プレイ時間はどれくらいですか?笑

P:秘密にすることではないんですけど、一応秘密で。(笑)
ただ、空いてる時間はなるべくARMSに使いましたね。本当に優勝したかったので。

げ:なるほど。例えばの話ですが、1日8時間プレイするとしたら、実際にプレイする時間と戦略を考えている時間はどのくらいの割合ですか?

P:日によってまちまちですが、しいていうなら僕も研究勢のようなところもあるので、研究3割、プレイ7割ですね。最近は実際にプレイしていた方が強くなれるんじゃないかなと思っているので、研究などは1割程度に抑えて、練習に多く時間を割いていますね。

げ:色々考えてながらプレーされてるんですね。ここで、Pegaさんから初心者の方に向けて強くなるために必要なことを伺いたいのですが、何かコツはありますか?

P:必要なことはいっぱいあるんですが、プレイ時間と勝つ意思さえあれば必ず強くなれると思います。

げ:その他にトレーニングモードなどでCPU戦をすることはありますか?

P:ARMSはランクマッチなどがあるのであまりしませんが、外出先ではCPU戦もしますね。基本的にはランクマッチや闘技場で練習をしています。

げ:対戦前、アームを選択するときに気を付けることはありますか?

P:判断が難しいですがランクマッチであれば、エクスブロー、サンダーバード、バーチカル。ARMS JAPAN GRAND PRIX 2017でも使用しました。まず、エクスブローは必須です」。あとはスーパーアーマー持ち(※)に対してトースター、ロースター、フリーザー等のグローブ系、DNAマンやキッドコブラ対策にバーチカル、曲射で使い勝手の良いサンダーバードですね。

(※スーパーアーマー(SA):メカニッカ、マスターマミーなどのキャラで相手のパンチを受けてもダウンしない状態のこと。)

げ:なるほど!ちなみに、現在はマックスブラスをメインキャラとして使用されていますが、ARMSを始めた時はどうでしたか?

P:マックスブラスは追加キャラだったので、最初はキッドコブラを使用していました。第二回天下一武道会の時はキッドコブラで出場してます。発売してしばらくしてから、マックスブラスがアップデートでプレイアブルキャラとして追加されて。その時に使ってみるかという感じで使用したのがきっかけで今も使用しています。

げ:お試しで使ってみたマックスブラスをここまで使い続けている理由にもなると思いますが、他のキャラクターに比べてマックスブラスはどこが強みだと思いますか?

P:スーパーアーマー、ショックウェーブ、パンプアップといった強力な能力をフルに使えて、相手に対して強力な部分を押し付ける力が高いところですね。

げ:ショックウェーブでパンチをはじかれるだけで、攻める側は攻めづらく感じますよね。逆に弱みはどこだと思いますか?

P:マックスブラスの弱いところはパンプアップしていないときの低すぎる性能です。なので、そこを攻めるべきだと思います。パンプアップしていないときは本当に弱いので、、、そのあたりでキャラクターとしてのバランスがよく取れていると思います。

げ:相手にパンプアップさせない戦い方というのは重要な部分でしょうか?

P:パンプアップさせないのはもちろん重要ですが、パンプアップの継続時間が5秒間なので、時間稼ぎをするか、体が大きくなり逆に言うと相手のパンチが当たりやすくなっているのでそこを意識して攻めることも重要ですね。しかし、パンプアップさせないようにと、パンチを出し過ぎて反撃をもらってしまうと、パンプアップを継続されてされてしまうので、そこは注意が必要だと思います。パンプアップを阻止しようとして自分がダウンを取られてしまうくらいなら、相手にパンプアップさせて様子を伺うこともひとつの判断ですね。

げ:マックスブラスを好きなところやこだわりがあれば教えてください。

P:んー、このキャラはなんだか僕に合っているなあと感じていて。火力が高いところや、会長がにっこりしながらパンプアップするのはだいぶ面白いのですね。笑

げ:立ち回りについての質問に戻りますが、相手もマックスブラスを使用している、いわゆるミラーマッチになった時にはどう戦いますか?

P:火力ゲーのターン制なので、一回ダウンするだけで流れが一気に変わります。なのでショックウェーブなどで守りを固めつつ慎重に相手のダッシュ位置にパンチを置いたりします。

げ:非常に参考になります。Pegaさんは様々な大会に参加されていますが、大会などの舞台で対戦をする時に意識することはありますか?

P:オフライン大会の配信台などはとても緊張します。試合前に色々なことを意識しすぎると緊張してしまうので、気持ちを楽にして目の前にいる相手を倒すということだけに意識を向けるのが重要だと思っています。

げ:動揺せず、普段通りに対戦することが大切ですね。さて、インタビューも終盤ですが、PegaさんがこれからのARMSに求めるものは何かありますか?

P:キャラ、アーム、ステージ等のゲームバランスや任天堂主催の公式大会などについて考えていますね。ゲームバランスは様々な意見があるが、ARMSの運営が考えること次第なので、、、現在は割とゲームバランスが取れていると思います。任天堂のゲームなので誰でも楽しくプレイできるのがベストですが、僕としては公式で大会も開かれているし、今後e-sportsという面でも発展していってほしいと考えています。

げ:今、「e-sports」という言葉は盛んに言われていますよね。競技性など含めて、これから成長していって欲しい部分ですね。ARMSをはじめ格闘ゲームを主として活動しているプレイヤーの多くは望んでいるのではないでしょうか。さて、最後の質問になりますがPegaさんにとってARMSとはなんですか?

P:このゲームで強くなろうと思えたゲーム。本気になれた。たくさんの結果を残して、いろいろな出会いをしたり、貴重な経験を与えてくれた運命のゲームだと思っています。

げ:Pegaさんの熱い想い、受け取りました!それでは本当に最後になりますがこのインタビュー企画を次の人へバトンタッチしたいのですが、渡したい人はいますか?

P:んー、誰かを特別視はしていないので・・・ちょっと待ってくださいね・・・(熟考)んー、、、やっぱり決められないので、げんげんさんにおまかせします。笑

げんげん:わかりました!Pegaさんらしい答えですね(笑)では、次の方はあらためて発表することにします長時間ありがとうございました!

P:ありがとうございました。

〜あとがき〜
昨年末にインタビューさせていただいたのに、だいぶ時間が経ってしまいました・・・心待ちにしてくださった方々、そしてPegaさんごめんなさい・・・(笑)

次回も頑張って執筆します!乞うご期待!